読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yutopp's blog

サンドバッグになりたい

いそのーBoostビルドしようぜー

(2011/12/26現在のNDKはr7boostは1.48.0です。また開発環境はWindows機、AndroidAPIレベルは8としています。)

C++を使ってでのAndroidのアプリの開発はGoogleの配布しているNative Development Kitを用いることで難なく行うことができますが、含まれているgccのバージョンが4.4.3であるため中々ヒャッハーすることができませんでした。
という訳でCrystaX .NETにて配布されているカスタマイズされたNDKを使い、ついでにboostもビルドして使ってみたのでメモっておきます。NDKについても初心者なので間違ったこと書いている可能性大です><

はじめに

NDKでもBoost使いたいってメモなので、CygwinAndroid SDKEclipseなどの環境は既に整えられているものとします。(ちなみに私はEclipse 日本語化 | MergeDoc ProjectのUltimate入れました。)
NDKについてもちょっとググっておいて下さい。

材料はこちら
Android NDK-r7(少々)
Improved Android NDK-r7
Boost 1.48.0

私はAndroid NDKをCドライブ直下に置いたので、それぞれのパスはC:/android-ndk-r7C:/android-ndk-r7-crystax-3となっています。
CygwinC:/cygwinに置いているので、boostのパスはC:/cygwin/usr/include/boost_1_48_0となっています。自分の環境に合わせて適宜読み替えて下さい。

Boostビルドしたいだけの人は最初は読み飛ばして下さい。
また、操作はCygwinbashで行なってます。

単純にBoost!

まずは単純にgcc4.6.3とboostライブラリ(ヘッダオンリー)を使ってみます。
プロジェクトの作り方はAndroid JNIプロジェクトをゼロから作る(UsefullCode.net)、C++での開発方法はAndroid NDKでC++を利用する(UsefullCode.net)を参考に作成してください。
jniディレクトリは
f:id:yutopp:20111226204027p:plain
こんな感じになっていれば平気です。kotatu.cppは読み替えて下さい。こたつ!こたつ!
C++のコードをEclipseを使って書く予定が無いのであれば、Android NDKを使う(アプリの高速化) « Tech Boosterが参考になります。
Eclipseで丸々開発を行うのであれば、そらとぶくじら。 EclipseからAndroid NDK/JNIをスマートにビルドする方法。を参考に設定しておくと便利です。
もちろん ANDROID_NDK_ROOT はC:/android-ndk-r7-crystax-3に変えて下さい。
またコードの補完のために、プロジェクトのプロパティを開き[C/C++ 一般]→[パス及びシンボル]のインクルード タブにあるGNU C++に以下のように追加しておくと良いです(お好みで)。
f:id:yutopp:20111226203343p:plain
さて、Application.mkはこんな感じになります。
Application.mk

APP_STL		:= gnustl_static
APP_CPPFLAGS	+= -frtti
APP_CPPFLAGS	+= -fexceptions
APP_CPPFLAGS	+= -std=gnu++0x

APP_TOOLCHAIN_VERSION	:= 4.6.3
APP_USE_CPP0X		:= true

現時点でのAndroid.mkはこんなところです。
Android.mk

LOCAL_PATH := $(call my-dir)

# アプリ
include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_MODULE    		:= kotatu
LOCAL_LDLIBS			:= -llog
LOCAL_C_INCLUDES		+= /usr/include/boost_1_48_0
LOCAL_SRC_FILES			:= kotatu.cpp
include $(BUILD_SHARED_LIBRARY)

これである程度ヒャッハー出来るようになります。
ですがthreadやfilesystemなどのリンクが必要なライブラリは使うことができません。という訳でビルドしましょう!

Android用にBoostをビルドする

試行錯誤中なのでアドバイス下さい!
まずはbootstrapを実行してb2.exeを作っておきます。
次にuser_config.jamを編集します。C:/cygwin/usr/include/boost_1_48_0/tools/build/v2 にあります。
これが中々よく分からない・・・。Tips & Tricks: Building Boost with NDK R5 - Code Xperimentsを参考に書きました。
とりあえず以下のものをuser_config.jamに付け足して下さい。
user_config.jam

# アンドロイド用
modules.poke : NO_BZIP2 : 1 ;
ANDROID_NDK = C:/android-ndk-r7-crystax-3 ;
ANDROID_NDK_OFFICIAL = C:/android-ndk-r7 ;

using gcc : android : 
$(ANDROID_NDK)/toolchains/arm-linux-androideabi-4.6.3/prebuilt/windows/bin/arm-linux-androideabi-g++ : 
<cxxflags>-I$(ANDROID_NDK)/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/include/4.6.3 
<cxxflags>-I$(ANDROID_NDK)/sources/cxx-stl/gnu-libstdc++/libs/armeabi/4.6.3/include 
<cxxflags>-I$(ANDROID_NDK)/platforms/android-8/arch-arm/usr/include 
<cxxflags>-I$(ANDROID_NDK_OFFICIAL)/platforms/android-8/arch-arm/usr/include 
<cxxflags>-D__ARM_ARCH_5__ 
<cxxflags>-D__ARM_ARCH_5T__ 
<cxxflags>-D__ARM_ARCH_5E__ 
<cxxflags>-D__ARM_ARCH_5TE__ 
<cxxflags>-DNDEBUG 
<cxxflags>-D_REENTRANT 
<cxxflags>-D_GLIBCXX__PTHREADS 
<cxxflags>-D_LITTLE_ENDIAN 
<cxxflags>-DBOOST_NO_FENV_H 
#<cxxflags>-DBOOST_FILESYSTEM_VERSION=2
<cxxflags>-std=gnu++0x 
<cxxflags>-g
<cxxflags>-mthumb 
<cxxflags>-msoft-float 
<cxxflags>-mtune=xscale 
<cxxflags>-march=armv5te 
<cxxflags>-Wa,--noexecstack 
<cxxflags>-Wall 
<cxxflags>-pthread 
<cxxflags>-frtti 
<cxxflags>-fexceptions 
<cxxflags>-fpic 
#<cxxflags>-fomit-frame-pointer 
<cxxflags>-fno-strict-aliasing 
<cxxflags>-ffunction-sections 
<cxxflags>-funwind-tables 
<cxxflags>-fstack-protector 
<architecture>arm 
<find-static-library>c 
<xdll-path>$(ANDROID_NDK)/platforms/android-8/arch-arm/usr/lib/ 
<library-path>$(ANDROID_NDK)/platforms/android-8/arch-arm/usr/lib/ 
<archiver>$(ANDROID_NDK)/toolchains/arm-linux-androideabi-4.6.3/prebuilt/windows/bin/arm-linux-androideabi-ar 
<ranlib>$(ANDROID_NDK)/toolchains/arm-linux-androideabi-4.6.3/prebuilt/windows/bin/arm-linux-androideabi-ranlib 
;

(アドバイスを頂いたので書き換えました。ありがとうございます。ただいくつか上手くいかなかったのでそこだけそのままです。)
今までの工程ではまったく公式のNDKを使っていなかったのですが、ここでインクルードパスに追加しています。
wchar.hがカスタマイズ版に入っていないので苦肉の策・・・。きもちわるいでござる。
BOOST_FILESYSTEM_VERSION=2も付け足したほうが良いかもしれません。v3が使えないので。

またいくつかのboostのコードに変更を加えなければいけません・・・
Wt - Installing Wt on Android - Redmineを参考にします。

boost/asio/detail/fenced_block.hpp

28行目と57行目

#elif defined(__GNUC__) && defined(__arm__)

#elif defined(__GNUC__) && defined(__arm__) && !defined(__thumb__)

に変更。

37行目と66行目

  && !defined(__ICC) && !defined(__ECC) && !defined(__PATHSCALE__)

  && !defined(__ICC) && !defined(__ECC) && !defined(__PATHSCALE__) && !defined(__ANDROID__)

に変更。

boost/asio/detail/socket_types.hpp

126行目あたり

 const int max_addr_v4_str_len = INET_ADDRSTRLEN;

#ifdef INET_ADDRSTRLEN
 const int max_addr_v4_str_len = INET_ADDRSTRLEN;
#else
 const int max_addr_v4_str_len = 16;
#endif

に変更。

boost/asio/ip/impl/address_v6.ipp

13行目あたりの空白に

#ifndef IN6_IS_ADDR_MULTICAST 
#define IN6_IS_ADDR_MULTICAST(a) (((__const uint8_t *) (a))[0] == 0xff)
#endif

#ifndef IN6_IS_ADDR_MC_NODELOCAL
#define IN6_IS_ADDR_MC_NODELOCAL(a) \
        (IN6_IS_ADDR_MULTICAST(a)                                             \
         && ((((__const uint8_t *) (a))[1] & 0xf) == 0x1))
#endif

#ifndef IN6_IS_ADDR_MC_GLOBAL
#define IN6_IS_ADDR_MC_GLOBAL(a) \
        (IN6_IS_ADDR_MULTICAST(a)                                             \
         && ((((__const uint8_t *) (a))[1] & 0xf) == 0xe))
#endif

を追加。

libs/filesystem/v2/src/v2_operations.cpp

61行目

#   if !defined(__APPLE__) && !defined(__OpenBSD__)

#   if !defined(__APPLE__) && !defined(__OpenBSD__) && !defined(__ANDROID__)

に変更。

66行目付近

#ifdef __OpenBSD__
#     include <sys/param.h>
#endif

#ifdef __OpenBSD__
#     include <sys/param.h>
#elif __ANDROID__
#     include <sys/vfs.h>
#endif

に変更。

1272行目付近

          long tmp = ::pathconf( "/", _PC_NAME_MAX );

#ifdef __ANDROID__
          long tmp = 4096;
#if 0
          {
            int fd = open( "/", O_RDONLY );
            if (fd >= 0) {
              tmp = ::fpathconf( fd, _PC_NAME_MAX );
              close(fd);
            }
          }
#endif
#else
          long tmp = ::pathconf( "/", _PC_NAME_MAX );
#endif

に変更。

libs/filesystem/v3/src/operations.cpp

83行目

#   if !defined(__APPLE__) && !defined(__OpenBSD__)

#   if !defined(__APPLE__) && !defined(__OpenBSD__) && !defined(__ANDROID__)

に変更。

88行目付近

#     ifdef __OpenBSD__
#     include <sys/param.h>
#     endif

#     ifdef __OpenBSD__
#     include <sys/param.h>
#     elif __ANDROID__
#     include <sys/vfs.h>
#     endif

に変更。

220行目付近

 #   define BOOST_RESIZE_FILE(P,SZ)(::truncate(P, SZ)== 0)

#ifndef __ANDROID__
#   define BOOST_RESIZE_FILE(P,SZ)(::truncate(P, SZ)== 0)
#else
int BOOST_RESIZE_FILE(const char *path, off_t size)
{
   int retval = -1;
   int fd = open(path, O_WRONLY);
   if (fd != -1)
      retval = ftruncate(fd, size);
   close(fd);
   return retval;
}
#endif

に変更。

・・・と、大体こんな感じにすると良いようです。

ではビルドしてみましょう。
カレントディレクトリをC:/cygwin/usr/include/boost_1_48_0に移し

cd /usr/include/boost_1_48_0

以下のように打ち込んで下さい。

./b2 --without-python --without-serialization toolset=gcc-android link=static runtime-link=static target-os=linux --stagedir=android

(2012/1/22 訂正)
鬱陶しい警告が出ますが、最終的にC:/cygwin/usr/include/boost_1_48_0/android/lib にライブラリが生成されているはずです。

ではリンクするためにAndroid.mkを書き換えます。
Android.mk

# パスをメモっておく
PROJECT_LOCAL_PATH := $(call my-dir)

# ビルド済み
LOCAL_PATH	:= /usr/include/boost_1_48_0/android/lib
# thread
include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_MODULE	:= libboost_thread
LOCAL_SRC_FILES	:= libboost_thread.a
include $(PREBUILT_STATIC_LIBRARY)

# system
include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_MODULE	:= libboost_system
LOCAL_SRC_FILES	:= libboost_system.a
include $(PREBUILT_STATIC_LIBRARY)

# filesystem
include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_MODULE	:= libboost_filesystem
LOCAL_SRC_FILES	:= libboost_filesystem.a
include $(PREBUILT_STATIC_LIBRARY)

# アプリ
LOCAL_PATH := $(PROJECT_LOCAL_PATH)
include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_MODULE    	:= kotatu
LOCAL_LDLIBS		:= -llog
LOCAL_C_INCLUDES	+= /usr/include/boost_1_48_0
LOCAL_STATIC_LIBRARIES	:= libboost_thread
LOCAL_STATIC_LIBRARIES	+= libboost_system
LOCAL_STATIC_LIBRARIES	+= libboost_filesystem
LOCAL_SRC_FILES := kotatu.cpp
include $(BUILD_SHARED_LIBRARY)

ひとまずthreadとsystemとfilesystemをリンクしてみた図。他にリンクを追加する場合も同じように1つずつ書いていきます。
これでうまくいくはず!

まとめ

もっと簡単な方法無いんですか!

ひとまず自分の環境ではこれでうまく出来ました。
ですが不安たっぷりなのでなにかありましたらぜひ教えて下さいorz